読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩こり、腰痛対策!グッズ、必要な栄養やそれをとる食事、サプリについて紹介

腰痛、肩こりの原因となる不足している栄養素やそれをとるための食事のレシピ紹介、サプリメントなど紹介します。

肩こり、腰痛解消に必要なビタミンE,Cの効率的な取り方

ビタミンEとは

  • 老化の原因となる活性酸素をとり除く
  • 血液をサラサラにする
  • ホルモンの生成や分泌にかかわり、女性ホルモンの代謝をサポート
  • 美肌効果
  • 生活習慣病や老化の予防

〇ビタミンCとは

  • 美白効果あり
  • シミを防ぐ
  • ストレス耐性を高める

 

ビタミンE必要量

  • 男性(18歳以上)は6.5mg、女性(18歳以上)は6.0mg

〇ビタミンC必要量

  • 男女ともに1日100㎎程度

〇効率的な取り方

  • ビタミンE,Cは一緒に取ると効率的
  • ビタミンEは脂溶性ビタミンなので、油との相性が抜群
  • ビタミンEは熱や酸に強いので、調理の上で制約はありません。
  • ビタミンCはコラーゲンと合わせると生成アップ
  • ビタミンCは水溶性のため、取りすぎると体外に分泌されるため、数回に分ける
  • ビタミンCは、ミカンなどに多く含まれるビタミンPとともにとる

 

 

神経筋制御能を整えるやまおく体操紹介

〇やまおく体操とは

  • 膝の痛みや腰痛、肩こりでお悩みの方におすすめ
  • 自宅にいながらスキマ時間でひざと腰の痛みの対策ができる
  • ストレス解消におすすめ
  • 「神経筋制御」のメカニズムに着目した健康法です。

〇ストレッチの効果

  • ストレッチにより筋肉を伸ばし、血液循環をよくする
  • ゆっくり筋肉を伸ばすことで、運動後のクールダウンができる。
  • 固まった筋肉をほぐし、コリ解消につながる。
  • 身体の柔軟性をよくすることで、けがをしにくくなる。

 

 

 

肩こり、腰痛予防に必要なビタミンB12の効率的な取り方

〇ビタミンB12とは

  • 水溶性ビタミンの一種で、野菜や果物にはほとんど含まれていません。
  • 魚介や肉類などから摂取する必要があります。
  • ビタミン12の吸収には、胃から分泌される内因子と呼ばれる糖タンパク質が必要です。
  • 細胞の増殖を助ける
  • 血液の赤血球やヘモグロビンの合成
  • 不足すると、めまいや動悸、頭痛や吐き気などの症状が起きる

 

〇必要量

成人男女ともに2.4μg(マイクログラム)

*過剰摂取しても問題はない

*動物性食品をとらないと、不足しがち

 

〇効果的な取り方

  • レバーや魚介類などの「動物性食品」は葉酸がたくさん含まれるホウレンソウなどと一緒にとると、血液を作る働きが高まります。
  • 水溶性なので、煮物にすると取りこぼしがありません。

 

首を温めてほぐす湯たんぽストレッチ枕

 

商品説明

  • 頭痛や肩こり、、腰痛などこれらの原因は、首の酷使にある首のストレスだという考え方もあるようです。そんな悩みにおすすめなのが、「ホット首ストレッチャー」です。
  • 従来の湯たんぽ同様、お湯を入れて使用します。
  • 1日5分の首のストレッチです。

首を温めてほぐす湯たんぽストレッチ枕

 

首もとが冷える事のデメリット

首の皮は薄くすぐ下に太い血管が通っているため、冷気で首が冷えると冷たい血液が一気に体に回り冷えます。

冷えることで首周辺の筋肉が収縮し、肩こりにつながります。それだけではなく、体温調整がうまく行かず自律神経の乱れから睡眠トラブルにもつながります。

 

首元を温めるメリット

まとめ

私も肩こりが激しく、たまに温めたタオルを肩に乗せることがあります。3回ほど暖かいタオルを乗せ換えると、倦怠感を感じていた方も軽くなります。ホット首ストレッチャーは、湯たんぽになっている枕のようなので、ゲームをしながらなどでリラックスもできるのではないでしょうか。

 

 

肩こり、腰痛予防に必要なビタミンB1の効率的な取り方

ビタミンB1とは

  • 糖質などの代者に用いられ、不足すると神経症などの症状を生じる
  • エネルギーを作り、神経機能や脳を正常に保つ働きがある。
  • 不足すると疲労物質がたまりイライラする。だるくなったり、倦怠感が続くことも

 

必要量

  • 推奨量は成人男子で1.3~1.4mg、成人女子で1.1mg。

 *大量に摂取したとしても、尿や汗などから排出される

 

効率的な取り方

  • ビタミンB群は熱に強く、糖質や脂質の代謝を助けるので、ご飯やパン、麺類に合わせる
  • B群は水溶性ビタミンなので、スープにして摂取が可能

 

 

 

 

腰痛!腰痛対策クッション座楽と類似品紹介。

現代病の代表、腰痛

 商品説明

  • 人間工学に基づいた、ヘルスケア座布団です。
  • 高弾性フォームで、腰や尻など形状や動きにフィットして体を支えます。
  • 腰痛だけではなく、産後のことなども考えたデザインです。

【腰痛対策クッション 座楽(The Luck)】

 

その他痛み解消クッション

〇お医者さんの円座クッション

 低反発素材使用による体圧分散や中央の穴の形状により、座り心地を安定させ、

 ゆがんだ姿勢を強制することで腰痛の改善につながります。

〇バックジョイ リリーフクッション

 座った時に一番負担のかかる腰に対し、骨盤を最も負担のかからないポジション     

 にしてくれます。             

〇エクスジェル モニートクッション

究極に柔らかく、ウレタンフォーム等に比べ5~10倍ほど高い衝撃吸収力を持つエ​クスジェルで、人の荷重がかかった際、体の形に合わせ柔軟に変形し腰痛を引き起こしにくい状態を保つことが可能です。

 

 

 

腰痛の人が不足している栄養素

必要栄養素

ビタミン、ミネラル(カルシウム、マグネシウム)、クエン酸

ビタミン

ビタミンBの消費量は増えているので、積極的にとるようにするといい

〇B  1:疲労回復、代謝を助ける

  •  豚肉、豆、緑黄色野菜(オクラ、ネギ、ホウレンソウなど)

〇B12:血液を作る

  •  魚類、貝類、卵など

〇E,C:血行を良くする

  •  E    :アボガド、植物油、ホウレンソウなど
  •  C :レモン、ブロッコリーなど

ミネラル

カルシウム、マグネシウムなど

〇カルシウム:骨をつくる

  •  魚介、ナッツ、エビ、大豆

マグネシウム:タンパク質合成、血圧調整

  •  魚介、大豆、昆布、わかめ、ナッツ

マグネシウムは、カルシウムと作用し、骨を丈夫にするので、同時に摂取することが望ましい。

タンパク質

三大栄養素(炭水化物、脂質)

筋肉や臓器ホルモンの材料やエネルギー源にもなっている

  •  鶏肉、豚肉、牛肉

クエン酸

疲労回復

  • 梅干しなど